マウンハーフジャパンの通関士 通信講座は講師が特長

通信スクールとしてさほど高い知名度はないものの、人気のビジネス系資格対策講座を中心に展開するマウンハーフジャパン。

こちらの通関士通信講座では、これまで数々の通関士受験対策本を手掛けてきた片山立志氏による指導を受けられるとのこと。
通関士受験業界では注目の対策講座として知られています。

★マウンハーフジャパンの特徴

・すべてのコースが解説講義付

マウンハーフジャパンの通関士通信講座は“マスター”“エクセレント”“ゴールド”の3コースが展開されていますが、どのコースを受講しても、解説講義がついています。
教鞭を執るのは、もちろん片山立志氏。実力ある講師に直接学べる、贅沢な講座です。

・スキマ時間の活用に役立つ「eラーニングシステム」を提供

通信講座受講のメリットといえば、何と言っても「いつでもどこでも学べること」。
忙しい受験生であれば、日常のちょっとした時間を活かした“スキマ時間学習”は必須です。
本講座は、オリジナルの「eラーニングシステム」で少ない時間でも着実に学習を積み重ねられるよう、工夫されています。

・学習効果の高いリボルビング式添削

添削指導を受けられる通関士通信講座はいくつもありますが、本講座のような特徴ある添削システムを採用しているのはマウンハーフジャパンくらいでしょう。
基礎と応用を繰り返し解かせる形式で、インプットした知識を確実に本試験で活きる力へとグレードアップさせます。

・通関実務対策に注力

通関士受験生が最も苦手としがちな通関実務対策として、「実戦力通関実務演習テキスト」が提供されます。これ1冊を仕上げれば、実務未経験者でも安心です。

★マウンハーフジャパンの欠点

マウンハーフジャパンの通関士通信講座で提供されるテキストや問題集は、内容としては良いのですが、「モノクロでイマイチ知識が頭に入りづらい」といったデメリットも。

図表やハイライト等から視覚的に知識を頭に入れることで、文字を読む以上に効率良く知識がインプットされることもあります。
よって、もう少しインパクト、メリハリのある教材であれば、より一層高い学習効果を期待できるのではないでしょうか。

★マウンハーフジャパンのサポート

・夏期スクーリングの無料受講が可能

実際に教室で講義を受けることで刺激になり、たるみがちな通信受講生のやる気はぐんとアップすること間違いなしです。

・全国公開模試受験でやる気&実力アップ

通常、オプションになるケースの多い模試受験ですが、こちらの通関士通信講座ならどのコースを受講しても無料で挑戦できます。

マウンハーフジャパンの詳しい詳細はコチラ