他ではあまり語られない通関士合格に必要な勉強法

基本的な学習法は、通信講座の指導に則って下さい。
ここでは意外と語られていない、あるいはわかっているけど実行できていない
非常に重要な勉強法を紹介していきます。
その勉強法を理解していなければ、あなたが天才でもない限り、
通関士に合格することは難しいと思います。

その勉強法とはズバリ「復習」です。

もしかしたら「何だそんなことかぁ~」と思った方もいるかもしれませんが、
この復習なくして通関士の合格はありえません。

少し話は飛びますが、皆さん学生時代を思い出して下さい。

同じ授業を聞いていて同じ勉強をしても、成績に差が出たと思います。
その理由は集中力の問題、もともとの学力の問題、学習時間の問題など
色々あります。

しかし、もっと根本的なことを言えば、復習の回数が学力に影響しているのです。

これは、あるドイツの科学者の実験結果ですが、
人間はその日に新しく覚えた事の約90%は忘れてしまいます。
それには頭の善し悪しはあまり関係ありません。
そして、その忘却を止める唯一の方法は、復習なのです。
つまり、人間は復習しないで学力を高めていく事は出来ないと言うことです。

ですので、皆さんはこれから通関士の勉強をするに当たり、 必ず復習を心がけ下さい。
復習もしないで、勉強を進めていけば、どんなに学習時間をこなしても
試験に合格出来ません。

勉強が出来る方は、意識的にか無意識的にか人それぞれ違いますが、
必ず復習をしています。

これはオーバーな話ではなく、知識を新しくインプットする時間よりも
復習する時間を増やした方が確実に合格できる可能性が高まります。
もし、私の言っていることが信用でないのであれば、
通信講座の講師に聴いて見て下さい。
必ず、復習が大切だと言います。